インストラクターというお仕事2

さて、楽器メーカー営業での仕事ですが、講習の他、楽器販売店店頭でのデモンストレーションやセミナー、さらに販促用のコンテンツ制作などやっていました。

キーボードが弾けない人なので最初はFM音源やMIDIのセミナー中心でしたが、ウィンドコントローラーのWX7が出てからはデモ演奏の仕事が増えて行きました。
元々管楽器吹きだったので、苦もなく扱えたのが大きいですね。

バックはXシリーズと呼ばれたデジタル楽器群で固め、予めシーケンサーに打ち込んでおいたカラオケを流して颯爽と演奏、というスタイル。
□の曲なんぞやろうものなら、エレクトーンの先生がワラワラと集まってきましたよ!www(゜∀゜)

支店エリア内といっても結構広く、あちこち出張できるので結構楽しかったですね。
ウィンドコントローラーをガチで扱えて、かつデジタルものに詳しい人はかなり限られていたので、隣の支店からも声がかかって遠征したこともありました。

稼いだお金でそのうちセルマーのソプラノ買ったりしましたが、これが後に東京キー局での仕事に繋がって行きます。
しかし約10年後、脳神経の病気を発症。結局それが元で管楽器も手にしなくなりました。
それらの話もそのうち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)