沿岸バスで行く雄冬→羽幌

前日に撮れなかった宿の画像
DSC_2325

老朽化して放置されていた旅館を、現在の宿主さんが修繕しながら営業

オール木造の増毛小学校
DSC_2338

もちろん体育館もオール木造
DSC_2343

おともだちが会いに来たけど、お外に出して貰えないようです
DSC_2367

「金滿家番附」とは、何ともストレートな見出し
DSC_2374

増毛駅前からいよいよ「萌えっ子フリーきっぷ」を行使する
DSC_2370

まず有効区間の南端、雄冬まで行く
DSC_2397
中央バスの立派なバスポールがあるけど、
バスはすでに来なくなっている

雄冬滞在時間は10数分
釣りのお客さんを案内していた増毛館の宿主さんと話をしたり写真撮ったり

バスがユータンしていますヽ(´▽`)/
DSC_2401
増毛館の宿主さんは、昔ここから数軒増毛寄りの建物で宿をやっていたそうな

ここから羽幌を目指す

ぽこたん停留所通過
DSC_2389

ぽこたん小学校跡
DSC_2414

ぽこたん橋
DSC_2416

留萌十字街では時刻表上同時刻の豊富行のバスが前にいる
留萌駅前の一つ前の停留所で、オバちゃんが間違ってこっちのバスに乗ったため、 無線で先行する豊富行のバス抑止

留萌でお昼にしようかな?という予定を変更
便乗して一緒に豊富行に乗り換えた

車内ではお弁当などを食べる人がちらほら
鉄道ローカル線のノリがある

羽幌到着が早くなったので、途中小平の花田番屋に立ち寄る
随分立派だけど、実は道の駅の方なのだ
DSC_2431

本体はこちら。萌えっ子フリーきっぷで入場料無料
…と後で知った(´・ω・`)
DSC_2432
それにしても強力に寒いので体が冷えてきたぞ

次のバスに乗って羽幌へ
いつもつい撮ってしまう「苫前だベアー」
DSC_2443

走行中のバスから、バッチリ真横のタイミングでシャッター切れた 背中が無いんですけどw(゚o゚)w

少々早めの到着だけど、何しろ寒かったのでとっととホテルに入って仮眠

18時過ぎに起きてサンセットビーチに行くと何とか太陽が拝めるくらい雲が切れてた
DSC_2468

残念ながら雲に落ちたので焼けなかった
DSC_2488

この後、19時から羽幌在住の友人と飲み会
美味しく頂きました(o^-^o)
DSC_2498
明日は早いという友人に、結局12時頃までお付き合いして貰いました
誠に申し訳ない\(;゚∇゚)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)