ますむらひろしの世界展@米沢市民ギャラリー(ナセBA)

ますむらひろし原画展
20日までの開催ということで強引に日帰りです(T▽T)

早朝の赤羽
DSC_3122

京浜東北線の試運転列車
DSC_3126

途中、郡山駅でカラスの巣を撤去するための遅れなどあり、10分遅れで福島駅に到着
奥羽本線の米沢行きまで結構時間があるのでプラプラします

愛機のハモンドで路上ライブ中の古関裕而先生
笑顔が素敵なのですが、お顔の色がすぐれませんよ?
DSC_3133

模型屋さんあった!
DSC_3137

これはまたストレートなネーミング(o⌒∇⌒o)
DSC_3140

駅北方の跨線橋から
DSC_3145

だだっ広いスペースです
DSC_3149

東北・奥羽本線の銘板もあります
DSC_3151

福島交通の軌道では点検やっていました
DSC_3153

上り新幹線入線
この後つばさも入線して連結
DSC_3155

ビルの谷間に取り残された時空
DSC_3159

阿武隈急行
DSC_3166

やることないので入場します
それにしても標準軌だとガニ股だねぇ
DSC_3173

東北本線白石行き発車
DSC_1731

久しぶりに昼間に板谷峠を越えます
旧板谷駅スイッチバック
DSC_3184

峠の力餅も健在でした
僅か1分間の停車時間の間に、お客はあらかじめ1,000円札を手にして文字通り飛ぶように一箱1,000円の力餅が売れて行きます
12〜3個は売れたんではないかな?
この光景、どこかで見たような…そうだ!コミケの比村乳業w
DSC_3185

米沢到着
晴れて暑いです
DSC_3197

おいこら、上杉謙信どうした!
DSC_3198

松川弁当店がめがっさ綺麗になってた
DSC_3199

最上川を渡ります
DSC_3203

30分ほど歩いて会場の米沢市民ギャラリー(ナセBA)/米沢市図書館に到着
DSC_3204

すぐ北側の交差点には猫の目時計…あれ?舌が無いぞ???
猫の目時計

反対側にはありました
どうやら故障しているようです
猫の目時計

説明板
にしてももっと綺麗にできないものか
猫の目時計

立地はこんな感じ
猫の目時計

ではいよいよ入場
DSC_3218

もちろん展示物の撮影はできません
原画を近くで見ると色の塗り重ねが思った以上に立体的であったり、細い線が綺麗に引かれていたりと印刷物では伝わってこない「生々しさ」がビンビンです\(^o^)/
特に北斎の原画が良かった
たっぷり1時間半以上時間をかけて眺めてきました(^◇^)

帰ります
急行食堂は時々見かけるけど「特急」は初めて
お高いんでしょうか?
DSC_3221

さにあらず、良心価格設定のようですw
DSC_3222

歯が立ちそうにないほどお肉の硬そうな牛
DSC_3223

峠の力餅 米沢支店
DSC_3226

味のある駅前旅館です
DSC_3227

米坂線乗り場の手前にはモバイルスイカ特急券のための入出場機がありました
DSC_3230

磐越東線のキハ111-112、外板ボロボロです(T ^ T)
DSC_3232

嵩張るものは持って帰るのが大変なので、ヒデヨシ缶バッジとクリアファイルを買いました
DSC_3239

しかし足腰にきた…年だ(´;ω;`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)