カテゴリー別アーカイブ: シェルスクリプト

シェルスクリプトで画像処理(13)exifデータの丸コピペ

このブログに画像を貼り付ける際、exifデータを読み込んで撮影情報をimgタグのtitleに書き込むことで、マウスオン/スライドショーで見られるようにしていますが、処理するアプリによってはexifの内容を書き換えられたり消されたりして難儀するケースが時々あります

現状ではCaptureOneで現像→Imagemagickで縮小/透かし入れをしているので、これに合わせたスクリプトを書いていますが、このルーチンから外れると一部書き換えが必要になります
CaptureNX2で現像した過去画像の場合もそうなってしまいます

そこでexiftoolを使って、オリジナルの画像からexifデータを丸ごと処理後の画像にコピペできないか?と調べてみたところ、これが全然と言っていいほどみつからないんですねヽ(`Д´)ノ
ほぼ全てのサイトで「特定の」exifデータを書き換える方法しか紹介されていません(´・ω・`)

ですが…いろいろググってみたらありました!神はいたのです!!!

基本(バックアップファイルが作成されます)

exiftool -tagsfromfile reference.jpg -all:all target.jpg

バックアップファイルを作りたく無い場合は定番の -overwrite_original オプションを追加

exiftool -tagsfromfile reference.jpg -all:all -overwrite_original target.jpg

シェルスクリプトで画像処理(11)ImageMagick編4

今回のテーマは
GIFアニメ全体の色を反転(ネガティブに)する
でござるの巻です

wordpressでこのブログは運営していますが、どうしてもアニメーションGIFの色を反転したい事例が出てきました
Light Boxプラグインで使っているモノなのですが、白バックグラウンドを想定しているため、黒バックグラウンドのデザインだとイマイチなんですね
続きを読む シェルスクリプトで画像処理(11)ImageMagick編4

シェルスクリプトで画像処理(10)指数・対数

特にどの処理、ということはないのですが、本業の音声信号処理でも指数・対数は三角関数以上に頻繁に使うので備忘録として書いておきます

シェルスクリプトは元々小数を扱うのが面倒なのですが、指数に至っては冪は整数しか扱えません(T_T)
例えば半音階のピッチ比 2 ^ (1/12) の計算は不可ということになります
続きを読む シェルスクリプトで画像処理(10)指数・対数

シェルスクリプトで画像処理(9)ImageMagick編3

今回のお題
画像の縦横比から透かし文字の角度とサイズを自動設定する

前回の記事シェルスクリプトで画像処理(6)ImageMagick編2その後になります

メンテナンスの簡略化こそ達成しましたが、結局画像の縦横比が違うものについてはスクリプトを別に作っていたために、似たようなスクリプトが乱立する事態になってしまいました
続きを読む シェルスクリプトで画像処理(9)ImageMagick編3

シェルスクリプトで画像処理(8)exiftool編2

もう手放してしまいましたが、初デジタル一眼レフカメラはD5000でした
ところが突然日付が初期状態にリセットされる不具合が何度か起きたため、Nikonプラザに持ち込んだところ「原因は特定できないが基盤交換」となりました(その後は特に問題も無く動いてくれました)

さて、問題はリセットされた状態で撮りまくった画像データ(.NEF)で、日付が2009/01/01からになってしまっていることです
当初(2010年頃)はexifを書き換えるアプリ(ExifDateChangeUB.appなど)を探していろいろやってみたのですが、View NX2やCapture NX2に表示される「作成日」は変更できたものの「撮影日」はダメでそのままほったらかしにしていました
先日そのことをふと思い出し、exiftoolで何とかならんもんかと試した次第です
続きを読む シェルスクリプトで画像処理(8)exiftool編2

シェルスクリプトで画像処理(7)FLIF圧縮編

これもオマケの話です 備忘録ですわ

FLIF(Free Lossless Image Format)という画像圧縮方式を試してみました
もっとも名前の通りロスレス圧縮の効率化のためのフォーマットなので、web掲載用のサイズ上等の非可逆圧縮ではないのと、bpgのようにhtmlに実装できるデコーダーも無いので、今後我輩が使うことは無いと思います
続きを読む シェルスクリプトで画像処理(7)FLIF圧縮編

透かし文字変えます

このブログ開設前から、画像の透かし文字には長らくMacOSX標準で付いてくる「ヒラギノ角ゴシックW8」を使ってきました

視認性が良く、書体もしっかりしているので愛用してきましたが、さすがに少々飽きてきたのでw 今月からPhotoshopに付いてくる「MinionPro Bold Italic」に変更します

convertコマンドのオプションは

-pointsize 108 \
-font /Library/Fonts/MinionPro-BoldIt.otf \

に変更ですね

シェルスクリプトで画像処理(6)ImageMagick編2

お題
透過ファイルを使わずに透かし文字を入れる

前回の記事「シェルスクリプトで画像処理(3)ImageMagick編」では、あらかじめ作成しておいた透かし画像をレイヤーする方法を採っていました

まぁ当たり前過ぎる手法ではありますが、透かし画像を外部ファイルで持たなくてはならないので、パスの管理に気を使う必要がある上に、透かしの内容そのものが変わったり、画像サイズが変わってしまうと結局PhotoshopやGIMPのお世話にならざるを得ないわけで、今ひとつスマートではありません

ImageMagickの使い方をいろいろ調べて行くと、かなり自由に画像を生成したり、文字を入れることができることが解りました
続きを読む シェルスクリプトで画像処理(6)ImageMagick編2