投稿日検索
2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー検索

【お知らせ】
2013年2月以降の投稿をRetinaディスプレイに対応

最新のコメント
  1. 東京からここまで拝見してきました。粟島に沈む夕陽も、和えかな光に舞うクラゲも、美…

エレコム マウスアシスタントの不具合(一切の設定ができない)を解決する

備忘録的なもの たぶんまたやらかしそうなので

症状:
macOS10.15 Catalinaをクリーンインストール
→外付けSSDに作業用アカウントを作成
→作業用アカウントからエレコムマウスアシスタントをインストールしたところ、起動はしたものの一切の設定ができない

結論:
マウスアシスタントはまず内部ドライブ上のアカウントからインストール
→ユーザーアカウント直下に生成された「.tempPath.xml」を利用する外付けSSDのアカウント直下にコピー
/Volumes/(ドライブ名)/Users/(アカウント名)/.tempPath.xml
(隠しファイルを表示する→ [shift]+[⌘command]+[.] )

→アカウントを変更してマウスアシスタントを起動
→正常に動作

以下詳細:

外付けSSDのアカウントからエレコムマウスアシスタントをDLしてインストール
例によって「セキュリティーとプライバシー」→「プライバシー」タブ→アクセシビリティ の罠
ここは大抵の人がまず躓くところだが、さすがにクリア

マウスアシスタントを起動するがいきなり「設定を読み込めない」エラー
設定は全ての項目が未設定状態
設定しても何も反映されない
保存した設定ファイルを読み込もうとすると「不正な形式」エラー
要は何もできない

ネットで調べたことをいろいろ試したけど全てダメ

脳味噌が溶けそうになる頃ふと思いついた
>外付けSSDに作業用アカウントを作成
これじゃね?

内部SSDアカウントに切り替えてインストール
すると正常に動作
ただしこの状態でアカウントを外付け側に切り替えても反映されない
外付けSSDに作業用アカウントを諦めるしかないのか???

別の作業でターミナルの設定ファイル(隠しファイル)を弄っていたところ、内部SSDアカウントの直下に「.tempPath.xml」が作られているのを発見
中を見るとマウスアシスタント設定ファイルと同じ形式
このファイルを外付けSSDに作業用アカウントにコピーしてマウスアシスタントを起動したら正常に動作


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA