カテゴリー別アーカイブ: 波形処理

YAMAHA SY99

PCMデータ処理(波形編集)の仕事を始めたわけですが、最初はSY77用の別売WaveCardの制作から入りました。
メモリーサイズも512KiBと小規模なもので、波形数も大して入らないので駆け出しにはピッタリの仕事だったんですね。

そうこうしているうちSY77の上位モデル(SY99)の話が出てきて、その波形制作を始めることになりました。
メモリーサイズがSY77の倍(4MiB→8MiB)に増えることもあり、主にSY77搭載波形のブラッシュアップと新規波形の追加です。
そして本社及び各拠点(東京・ロス・ロンドン)で波形を用意して、最終的に指定されたメモリーに収まるよう「会議」をします。
必要であればその場で修正作業(殆どがメモリーサイズ削減)をするので、当然のように会議に同行しなければなりません。

この時は浜松に3週間缶詰になり、その間海外のスタッフ、つまり外国人と寝食を共にします。
でもエイゴゼンゼンワカリマセーン(今でもw)

初めて外国人と仕事をしたのですが、当然の如くカルチャーショックありましたね。
当たり前か。
とにかく会議の場では主張はしっかりやらなきゃいかんと。

この時のエピソード(事件)は福田裕彦さんが時々イベントなどで話されていますね。
「イギリス人が音を聴き過ぎて耳から血を流した」
これ、話盛り過ぎですw
実際はちょっとかゆいのが気になって弄っていたら追い込みすぎて…というのが真相だったかと。
あと、ノルウェー人が食べ物が合わなくて病院搬送されたりもしましたが。

まぁいろいろあったものの、とりあえず東京から持って行ったサンプルもそこそこ採用されることになり面目が立ちました。

SY99はSY77の上位機種ではありますが、上位互換ではありません。
そもそも波形データは単なる追加ではなく差し替えたものが結構あるので、その時点で同じ音は出ません。

またLPFの特性もかなり変更されて、SY77に比べてキレが良くなっています。
技術的には音源LSIの仕様のかなりデリケートなところを突いたらしく、当時担当だった中田さん(現社長)が解決に奔走されたそうです。

SY99のプロトタイプは不揮発性メモリースロットのカバーの位置が違うなど、外観ですぐに見分けがつくものだったのですが、実はSoft Balletに貸し出していて、ライブやPVでガンガン使われていました。
印刷されていた仮品番はSY「チョメチョメ」だったので、さすがにそれは見えるとマズイのでSY99のシールで隠していたようです…(^_^;A

ここから怒涛の波形制作が始まり、シンセ系では後続のSY、サンプラーのA、EOS Bから、EX、Motif、CP等など、現在に至るまで波形をひたすら作り続けることになります。
とにかく波形が入るモデルなら何でもやるので、XG音源やPSR・TYROS、DTXなどなど、何をやったか並べていくのがもう超面倒w∩(〃・ω・〃)∩

シンセ関係は基本的に使わないものはどんどん処分する人なんだけども、SY99だけは手元に置いたままです。
やっぱり初めてのハード開発に参加した思い入れかなー。
殆ど使わないので、未だ新品同様のまま箱に入っていますよ(・ω・ ;)(; ・ω・)

イギリス人がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

ヤマハと契約したのですが、専門学校の講義も当時週2日あったので週3日のペースで渋谷に通うことになりました。
時々従業員だと思っている方がいらっしゃるようですが、契約上はずっと「しがない出入りの一業者」ですw

そしてアメリカ(YAMAHA Corporation of America=YCA)から、波形処理ツールの使い方を教えに外人さんの来る日が近づいて来た訳ですが、「いきなり会って能力不足だと失礼だから」ということで、たまたまそのツールの使い方を知っているという日本人を呼んで事前レクチャーを受けるということになりました…

そしてその方(日本人)とツールについていろいろ話をしてみると…
なんだ、自分のほうが詳しいじゃん!
挙句、こちらが詳しい設定とか説明したりと、どちらが教えに来たのかわからない有り様です\(^o^)/
自分なりにやりたいこと、やらなければならないことを整理して、それを実現するためにはツールのどのコマンドを使ってどう実行すればということを約10日間(3週)ほど自習しただけなんですけどねぇ。

そしていよいよその日がやって来ました。
平成2年(1990)の5月後半だったと思います。
来日したチャーリーさんというアメリカ在住のイギリス人は、なんと貴族(本物)です!
どうだ驚け!貴族と知り合いになるなんてことは、この日本じゃそうそう無いぞw
(でも昔はヒッピーやってってウッドストックにも行ったとか(^_^;)よくわからない人です(/・ω・)/)

チャーリーさんは元々Prophet5などで有名なSequencial Circuits(以降SCI)で働いていて、Drum Traksなどの開発、つまりサンプリングのエキスパートだったのです。

SCIは経営難になり1987年にヤマハが買収。
そして技術や人がヤマハや、当時ヤマハの関連会社になっていたコルグに引き継がれて行ったのは有名な話です。
つまりチャーリーさんは波形処理のノウハウをヤマハに導入するということでSCI→YCAに移籍したということです。

今でもそうですが英会話はさっぱりダメなので、担当の方を通訳にしばらくあれこれ質疑応答。
殆どは向こうから「あれは知っているのか」「これをやるためにはどうしたら良いか」という問いかけですが、ほとんどクリアしたものばかりだったのでホイホイやってみせるとなんだ、全部解ってんじゃん!(日本語訳)という有難いお言葉。

で最後に
ひとつだけSpecial techniqueを教えてやる。
サンプリングレートを落とすときはResampleではなく、Pitch Shiftを使え。

どういう事かというと、サンプルメモリーをケチるにはサンプリングレート(以降fs)を落とすことが当時としては当たり前でした。
ただし等価交換の法則標本化定理から高域特性が犠牲になります。
とはいえ音色によってはかなり使える技だったんですね。

サンプリングレートを落とすということはサンプルの時間間隔を任意の幅に変更するわけですから、当時は1次関数を使った2点補間や、ラグランジュ4点補間が一般的だったと思われます。

しかしピッチシフトを使うということは、フェーズボコーダ-(楽器に搭載されるチャンネルボコーダ-に非ず)あるいはPSOLAが噛んでいるかも知れないってことです。

例えば fs=44.1kHz / C3 の音をピッチシフトで1オクターブ上げると fs=44.1kHz / C4 の音になるわけですが、このファイルのヘッダー情報fsを22.05kHzに書き換えれば読み出し速度が半分になるので fs=22.05kHz / C3 の音になり、これはリサンプルで22.05kHzにした音(補間処理)とは違うぞよ、ということです。

もっとも今はハイレゾの時代ですし、リサンプル自体やらないのでこれも過去の話になってしまいました。

そう、この時代はメモリーを如何に節約するかということが非常に重要で、そのために常にメモリーとクオリティの等価交換をやっていたのです。
まさに錬金術w(・∀・)

YAMAHA R&D東京と契約(出戻り)

そして上京して一年後の平成2年(1990)
とりあえず専門学校の非常勤講師として週4コマほどの枠を担当することにはなったものの、さてそれからどうすんべと、学生さんたちと日向ぼっこをしているところに通りかかったのが大浜和史さん。

開口一番「あのさぁ、さんちゃん(山宮興さん)辞めて、人居なくて困ってんだけどウチ(ヤマハ)来ない?」
もちろん二つ返事で(ry

しかし今思えばよくここまで生きてこられたもんだと自分でも感心します。
当時はホント何にも考えずに行きあたりばったりだったもんねー∩(〃・ω・〃)∩

というわけでホイホイヤマハ渋谷店の3Fまで行って、担当者の○さんからお話を伺うことに…
なんですが、これが何とも要領を得ない。

まず複数台のコンピュータと、それに繋がった剥き出しのブレッドボード(開発用基板)を見せられて「これを使うとあーたらこーたらできるらしい」って…

ちょっと待ったらんかい!動かしたこと無いのかよ!!!

なんでも一ヶ月後に外人が来て、くあしいツールの使い方を教えてくれるからうんたらかんたら。
それまでは練習(研修)を兼ねて自習してろとのことです(´・ω・`)

そう、これがPCMデータ処理(波形編集)システムで、以後、システムの形態は変わって行きますが今日に至るまでこの仕事を続けているわけでして。
もっとも最近では制作業務は若手(教え子だったりしますが)中心に移行して、専ら調査・研究開発の業務が増えてきました。
まぁ本来のR&D(Research & Development)になってきたわけですが。

とはいえ波形編集のノウハウなんざ世間に転がっちゃいませんし、レクチャーしてくれる人はもちろん有用な情報なんぞさっぱり有りません。
そもそもインターネットすら無い時代です。
つまり己が先駆者になってヤブを切り開いて道を造って行くしかないのです。

サンプリングについてはほぼド素人状態でしたが、まぁ他にやることがあるわけでも無し、お金貰えるんだったら行けるとこまで行こうと腹を括って契約書にサインしました。
「大ガミラスに撤退の二文字はない。勝利か然らずんば死かだ。」 アベルト=デスラー
正確にはヤマハ(当時は日本楽器製造)の電子楽器開発部門との契約です。

これ以降、ほぼPCM一筋の道を進む(というより造って行く)ことになります。
R&D東京看板

R&D東京は1985年開設。大浜さんはプロデューサーでした。


1990年に契約。


1998年R&D東京は電子楽器開発部門のみに縮小、アーティストリレーションを含む他部門はARTに改組。
R&D東京→ARTに完全移行のように認識されていますが、消滅した訳ではなく、以後も細々と3Fの隅で開発業務を続けていたのです。


道玄坂からの撤退発表。
2010年春に一足先に自分の仕事場を社外に遷し、長年通った渋谷から退去。年内にはR&D東京も移転。(まだ存続しています)


2010年末には渋谷店閉鎖。


翌2011年にはARTも銀座に移転となり、道玄坂からヤマハの拠点はついに消滅したのであります。
( -人-)