投稿日検索
2009年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー検索

【お知らせ】
2013年1月以降の投稿をRetinaディスプレイに対応

最新のコメント
  1. 東京からここまで拝見してきました。粟島に沈む夕陽も、和えかな光に舞うクラゲも、美…

, ,

鶴岡ユースホステル

桑川から三瀬まで引き返す
DSC_4067
三瀬駅から15分ほど歩いてユースに到着
ユースへの上り坂は真っ暗なので要注意

線路から見えるちょっと変わった建物で以前から気になっていた
建物自体は意外にコンパクトでほぼ正方形のようだが構造は ◇ のように考えた方が理解し易い(入口を一番下に)

—追記
とある書籍で知ったのですが、この独特の形状は鶴岡市田麦俣地区(湯殿山麓)にある「兜造り多層民家」をモチーフにしているそうです
このことに触れているwebサイトは皆無で、宿泊してから5年以上経って知りました

入口→頂点
ロフトのようにみえる階段(2階部)に沿って客室が左右8室ずつ配置される
DSC_4071

中央部は大きな吹き抜け
DSC_4072

頂点部にあるグリル
DSC_4073

人形とかあります
DSC_4074

右下辺→左上辺
DSC_4076

2階右角→頂点 右側が客室
DSC_4078

2階頂点右上辺→左下辺 画像左上が入口
布で隠れているけど正面(左下辺)が食堂
DSC_4079

2階左上辺→右角
DSC_4081

非常に面白い建物ですが、築40年近くになるためさすがにあちこちに痛みがあります
特殊な構造故にメンテナンスも大変だと思われます

ここは営業不振で一度閉鎖したものを、今のペアレントさんのご尽力で数年前再開に漕ぎ着けたようです

まぁ鉄旅にするには立地も悪くないので(三瀬駅から15分で近くにはコンビニもあり)個人的には機会があればまた利用しようと思ってます


“鶴岡ユースホステル” への1件のコメント

  1. 管理人様
    はじめまして。
    私もYHが出来て間もない頃、ハンドブックに掲載されていたカラー写真に惹かれ、宿泊したことがあります。
    外観はモダンなデザインでしたが、館内はよく覚えておらず、こんなだったか と懐かしく拝見しました。
    いつか又訪れたいと思ってましたが、YH協会のHPに、’21/3/31閉館と告知が載っていました。
    このところ、支笏湖をはじめ協会直営のYHが次々閉館しており、存亡の危機ではないかと危惧しています。
    ともわれ、貴重な写真を有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)