矢木沢ダム・奈良俣ダム洪水吐きゲート点検

矢木沢ダムは4年ぶりの点検操作です

6時に友人と合流して、群馬の山奥に9時頃到着するとすでにかなりの車列
4年前とは比べ物にならないくらい混雑していました
キー局も2社が取材に来ていた模様
恐らく4年前に比べて3〜4倍の人出ではなかったでしょうか?

4年前の記録はこちら
矢木沢ダム操作訓練

10:00 洪水吐きゲート開放
DSC_0927

毎秒6立方メートル
DSC_0937

10:10〜
毎秒12立方メートル
DSC_0941

向かって左が放流水路で右が矢木沢ダム(アーチ式)堰堤です
DSC_0946

10:20〜
毎秒18立方メートル
DSC_0947

濁流が下流に向かって行きます
DSC_0949

放流水路に行くとすごい人!
この直後ここは戦場になるので早々に退散
DSC_0958

「おいでちゃん」なるキャラが登場
DSC_0963

10:30〜
毎秒24立方メートル 傘なんぞなんの役にも立ちませんが…
DSC_0971

水しぶきが暴力的に襲いかかります
DSC_0976

放流水路もこの有様
DSC_0980

10:40〜
毎秒30立方メートル 今回のMaxです
2リットルのペットボトルが1秒間に15,000本降ってくるレベル
DSC_0986

11:00〜
終了 この放水で水面は1.3cm下がるそうですヾ(*゚A`)ノ
DSC_1013

矢木沢ダムから移動して、正午に奈良俣ダムに到着
DSC_1024

ここで流れているのは「越流」で、まだ洪水吐きゲートは開いていません
DSC_1025
向かって右側に雪のアーチが残っていますね(o^-^o)

奈良俣ダムは「ロックフィル式」 そそり立つピラミッドのようなもの
DSC_1030

洪水吐きゲートが開くのは14時なので、30分ほどかけて158mのダム堰堤を登りました
DSC_1031

ならまた湖が広がります
DSC_1033

このゲートを開けて放流します
DSC_1035

中央が洪水吐きゲート 両サイドが越流路です
DSC_1037

堰堤の角度は意外にユルいですね(でも登るときついけどね)
DSC_1040

越流にスタンド波紋が出ています
DSC_1043

14:00
ゲート開放 水より先に流木がゴロゴロ音を立てて転げ落ちて行く(^-^;
DSC_1057

毎秒2立方メートル
DSC_1069

14:40〜
毎秒10立方メートル
DSC_1105

望遠で標高差約150m、直線距離で約200m先の洪水吐きゲートを狙います
DSC_1108

空撮用のマルチコプターも飛んでいました
DSC_1125

水量が少ないのもありますが、矢木沢と違って穏やかです
DSC_1130

15:30
終了 こちらは1.5cm水面が下がるそうです
放水量は矢木沢の半分ですが、ダム湖の貯水量は半分以下ですからね
DSC_1135

ダムカード(ver1.0)を頂いてきました(o^-^o)
DSC_1145

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)