ありがとうございました♪ 2.23『MASUDA JUKE BOX』2019@新横浜 Strage

この日はとても風の強い日なのでした。

あっというまに開場時間となりました。

中盤で私はトークコーナーのゲストとしての出演でした。

「会場におられる皆さんに紹介したYukaさんのこの1曲とは?」という増田さんの質問が始まります。数日前にその内容の話があり何の迷いもなく思いついたのはELP「from the beginning」なのでした。とにかくこの曲のキース・エマーソンのフレーズが好き。それに尽きます。

そしてトークの後に何か1曲演奏・・ということで・・
私は一体何を弾くかということなのですが・・なぜか鍵盤ハーモニカを持参。

ソロ活動の「由佳・御伽語り」の最初のLIVEで演奏した曲をお聞き頂こうかと・・。自分の声を三声〜四声ほど、しかもダブルで多重録音したオケを作ったものです。それを流しての私の歌と鍵盤ハーモニカの演奏です。とってもシンプルな世界なのです。

・・私は美しいメロディーが大好きです。その美しいメロディーに作詞家の海野洋司さんが詞をつけた有名な曲です。ヴィヴァルディ作曲「ヴァイオリン協奏曲 ヘ短調 『冬』 RV.297」の第2楽章で日本語タイトルは「白い道」です。

 

鍵盤ハーモニカ〜とても心地よい音です ♪

 

ムフフ〜〜この日はプロデューサの田口さんもトークゲストで出演でした。

増田さんとの話が盛り上がり過ぎです!!

ドラムの一光さんは増田さんバンドとしての出演なのでした。

ミュージシャンの皆さんもとっても優しくて素敵で・・楽屋が心地よすぎでした〜(笑)

皆様ありがとうございました!!!

*↓↓FBのお写真をお借りいたしましたm(_ _)m↓↓

御礼 2018.1.27(土) 由佳・御伽語り〜其の一〜

2018.1.27(土)由佳・御伽語り〜其の一〜@新宿三丁目「無何有」へお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

記念すべき第一回目の公演を無事に終えることが出来ました。心から感謝致します。

私の好きな世界をたっぷ〜り&まった〜りと演奏させて頂きましたが皆様にはどうのように届いたでしょうか・・

さて・・

まずは会場に着きましたらおもてなし飲み物を・・
「甘酒」を用意いたしました。

当日スタッフとして来てくださった皆さん・・ありがとうございます・・!

おもてなし飲み物は「甘酒」でした

今回はプロジェクターも使用してのステージです。森山さんの写真をいっぱいお借りしちゃいました!

では当日の内容を抜粋して紹介致します。

●『寒戸の婆』

「〜されば遠野郷の人は、今でも風の騒がしき日には、けふはサムトの婆が帰って来さうな日なりと云う〜」

「寒戸の婆」遠野物語より

 

●『座敷わらし』

「〜留場の橋のほとりにて見馴れざる2人のよき、娘に逢へり〜」

「座敷わらし」遠野物語より

 

これは・・

『注文の多い料理店』

「どなたもどうかお入りください、決して遠慮はありません」

これは・・「注文の多い料理店」宮澤賢治

 

そして後半・・・

●『告別』

「〜光でできたパイプオルガンを弾くがいい〜」

「告別」宮澤賢治

 

●『雨ニモマケズ』

「〜褒められもせず 苦にもされず〜」

「雨ニモマケズ」宮澤賢治

 

 

エンディングは・・・

『線香花火のうた』

「〜この場所でまた誰かが笑ってくれたらいいな・・〜」

「線香花火のうた」船越由佳

今回いろんな方に「由佳ワールド炸裂 !」と言って頂きました。確かに・・私の中では本当に違和感のない遠野弁、岩手弁の歌詞や朗読です。言葉が心の深いところから自然に溢れ出てくるのを不思議な感覚で実感しておりました。

私は・・不思議な物語の音の世界へ、新たに旅に出かけたばかり。その途中、どこかでまた皆さんにお会いしたいです。

デザイナー:三橋 和子

写真   :森山 泰

主催   :島田 弘一

ありがとうございました!

そして・・会場の皆さんへお土産にと「猫ピンチ」を作ってくれたお母さん!ありがとう〜!最後にお渡ししましたよ〜。
皆さんとって〜〜も喜んでくれました〜!
イベントの全てを猫ピンチに持って行かれました〜〜!!(苦笑)母の力強し。。。。