オペラ『遠野物語』なのだ!

本日久しぶりにお出かけ。

きっかけは細やかでありました・・。

「知り合いの役者さんがいるのだけれど今度見に行かない?」というお誘い。

私は劇伴にとても興味があるのでよくお芝居も観に行きます。

「勿論!」と返事をしたのは昨年でした。

で!本日出かけたのはなんとオペラ『遠野物語』!!!もうびっくりです。

俳優座劇場での公演

その情報だけでもびっくりなのですが内容がオペラとありました。

となると余計に作曲家の方が気になって仕方ない。

今回は3人の作曲家の方々で作られたようなのですが・・

作曲者の詳細を拝見して・・

ん・・?え・・?嘘・・・?マジ〜〜〜〜!!とまたびっくり!!

私は、高校時代に音楽部に在籍しておりました。先輩方の合唱は本当に素晴らしかった。中でも「遠野民譚抄」の合唱。そしてその楽曲に感動と衝撃を受けたのです。その合唱曲の作曲者・吉川和夫氏の名前があ〜〜〜る〜〜〜〜!!!

私もいつか故郷への想いを込め思いっきり表現する場を作ってみたいと思っているものの一人として、音楽の憧れと吉川先生への憧れとを抱きつつ会場へ向かいました。

真ん中は作曲家の吉川和夫氏。
右側は座敷わらしのお姉さん役の西田さん。私も「座敷わらし」の御伽語りの曲を作りましたがその曲にも登場している座敷わらしです〜。

お会いできて本当に嬉しかったです。会いたいと強く願っていると本当に会えるのですね・・。

さて・・舞台内容のお話。

佐々木喜善と柳田國男を中心に遠野の民話を絡めながらその不思議な空間と共に舞台は進んでゆきます。

遠野には独特な色彩があります。物語を通してその色は深く、そして濃く更にその深みの奥のへと連れて行かれます。私にも流れている故郷の血。その色彩は鮮明に映ります。

ああ・・これからどんな風にこの妖しいファンタジーの世界を表現してゆこう。ああ・・あの色をどう音にしよう。ああ・・なんと悩ましい・・。(この言い回し・・本日オペラの影響をかなり受けているとみた・・)

・・・こうして『遠野物語』は・・永遠に続くのだな・・。

ですよね・・喜善さん・・。

 

オペラシアター・こんにゃく座による『遠野物語』公演は17日(日)までです。

ご興味のある方はぜひ!!

http://www.konnyakuza.com/syusai.html

 

 

 

 

母親のツバメ日記。

もう10年以上も前のことです。

実家にツバメが巣を作るようになりそれから数年間、毎年住み着くようになり母親がずっとお世話?をしていたことがありました。

が・・ここ7~8年ほど寄り付かなくなり、実家もバタバタしていたこともあって毎年来ていたツバメのことは私もすっかり忘れてしまっておりました。

5月の中旬あたりでしょうか・・母親が夕方に家に戻ると、どこからともなく賑やかな鳥の鳴き声がして何処何処??と探していたらなんとツバメが2羽いたそうです!それも以前と同じ場所だとか!なんだか不思議です・・とっても不思議です。以前にツバメさんたちが去ってしまってからだいぶ年月が経っているというのに・・こうしてまた同じ場所に・・しかもここは実家の路地なのです・・本当に不思議です。・・ご近所さんとは「きっとこの子たちはあの時のツバメの玄孫あたりだね!」という話で盛り上がっているようです〜(^^)

路地をずっと入ったところに2羽のツバメさんたち〜〜♪

ですがその翌日、気が付くと前日の夕方の賑やかさはすっかりなくなり2羽とも姿がなかったようで「・・また帰って来るのかしら〜」と母親も気にしていたようですが・・ちゃ〜〜んとしっかり18:30に2羽とも戻って来たそうです!!わ〜〜感動〜〜!なんともいわれぬ愛おしい気持ちになりました〜キュン♪♪

実家は長い路地に入ってから玄関があるのですが、表通りに面した路地の入り口には一応戸締り用に戸があるのです・・。どちらかというとそこは「家の中」な感じです。私がツバメだったら?とてもじゃないけれど薄暗くてしかも長いこの路地に入る勇気はないです・・^^;

そんな中、先日大雨だった日のこと。先に一羽だけ帰って来ていたそうですがどうしたことかもう一羽はなかなか帰って来ず・・・。この大雨で何かあったのかしらね〜と心配そうに母親が電話で話しておりました。いつもは18:30に一緒に帰って来るのにすでに時間は21:00を過ぎておりました。ひとりぼっちのツバメさんは頭をカクカク、カクカクと動かしながらひたすら心配そうに旦那様(勝手な思い込みです)の帰りを待っていたとか・・・とか?・・とか・・。

翌朝玄関から様子を見た母から「帰って来ていたよ〜〜〜!!」と連絡があり、その報告を受けなんだかほっ・・としている自分も可笑しいな〜と思ってみたりです。

仲良しな2羽のツバメさんたち♪
巣作りの最中。
母親が言うにはとても忙しそうでたということです・・。

そしてツバメさんたちいま巣作りの真っ最中。しかし真っ黒な巣ですね・・もう少ししたら乾燥して薄茶になるのでしょうか・・?巣作り頑張って〜〜〜!母親のツバメ日記、私もちょっと楽しみにしていたりします♪

昔から、ツバメが家に巣を作るというのはとても縁起が良いことと言われているそうですね。

遠くから・・改めて・・ふるさとに居る母や兄を想う今日この頃なのです・・・。