オペラ『遠野物語』なのだ!

本日久しぶりにお出かけ。

きっかけは細やかでありました・・。

「知り合いの役者さんがいるのだけれど今度見に行かない?」というお誘い。

私は劇伴にとても興味があるのでよくお芝居も観に行きます。

「勿論!」と返事をしたのは昨年でした。

で!本日出かけたのはなんとオペラ『遠野物語』!!!もうびっくりです。

俳優座劇場での公演

その情報だけでもびっくりなのですが内容がオペラとありました。

となると余計に作曲家の方が気になって仕方ない。

今回は3人の作曲家の方々で作られたようなのですが・・

作曲者の詳細を拝見して・・

ん・・?え・・?嘘・・・?マジ〜〜〜〜!!とまたびっくり!!

私は、高校時代に音楽部に在籍しておりました。先輩方の合唱は本当に素晴らしかった。中でも「遠野民譚抄」の合唱。そしてその楽曲に感動と衝撃を受けたのです。その合唱曲の作曲者・吉川和夫氏の名前があ〜〜〜る〜〜〜〜!!!

私もいつか故郷への想いを込め思いっきり表現する場を作ってみたいと思っているものの一人として、音楽の憧れと吉川先生への憧れとを抱きつつ会場へ向かいました。

真ん中は作曲家の吉川和夫氏。
右側は座敷わらしのお姉さん役の西田さん。私も「座敷わらし」の御伽語りの曲を作りましたがその曲にも登場している座敷わらしです〜。

お会いできて本当に嬉しかったです。会いたいと強く願っていると本当に会えるのですね・・。

さて・・舞台内容のお話。

佐々木喜善と柳田國男を中心に遠野の民話を絡めながらその不思議な空間と共に舞台は進んでゆきます。

遠野には独特な色彩があります。物語を通してその色は深く、そして濃く更にその深みの奥のへと連れて行かれます。私にも流れている故郷の血。その色彩は鮮明に映ります。

ああ・・これからどんな風にこの妖しいファンタジーの世界を表現してゆこう。ああ・・あの色をどう音にしよう。ああ・・なんと悩ましい・・。(この言い回し・・本日オペラの影響をかなり受けているとみた・・)

・・・こうして『遠野物語』は・・永遠に続くのだな・・。

ですよね・・喜善さん・・。

 

オペラシアター・こんにゃく座による『遠野物語』公演は17日(日)までです。

ご興味のある方はぜひ!!

http://www.konnyakuza.com/syusai.html

 

 

 

 

「はるのはじめ」

ふるさと遠野もそろそろ春。

今日はとても暖かい。

これから帰京です。

…東京暑いくらいかしら…^^;

いつも写真の撮影をお願いしている森山 泰さんとの 「Y deux project」https://m.youtube.com/channel/UCzexLt6U4XmfUzXvK1blvnA

「はるのはじめ」という動画を以前に作成しました。その曲を思い出しています。

また近いうちに戻ります〜。

バイバイ遠野。

1/27 曲の書き下ろし

1/27(土)は「由佳・御伽語り 其の一」です。

今回の為に曲を何曲か書き下ろしました。

なかなか面白い曲に仕上がった感じです。しっかりとしたイメージがあるのでとっかかりは思ったより大変ではなかったのですが、完成にたどり着くまではちょっと大変でした…。

しかしながらこの良い機会を頂いていなければおそらくまだこのテーマの曲を作るまでに至らなかったかと思うと、感謝です!

それにしても調整がなかなか終わらず一人でバタバタしております。そしてあちこち忘れ物や失くし物の日々。よくやりますが、最近特に…酷いです…。

Yuka & Chronoshipでは譜面を書かない私ですが、今回は珍しくちゃんと譜面を作成しました。ひたすら作成しました…そしてふっ散らかっています…

  • 日時                         2018.1.27(土)
  • 時間                         開場 17:00      開演18:00     (終演20:00予定)
  • 入場料                     3,500円 (おもてなし飲み物1杯付き)
  • 会場                         無何有(むかう)
  • 住所                         東京都新宿区新宿3-34-3 千草ビル 3F
  • チケット予約         https://mailform.mface.jp/frms/hadamihs/c77z3psre6b

主催     :         Purism

連絡先        島田   hiro1.shimada@gmail.com

Tel   090-3211-7147

妖の世界

ふるさと遠野へ帰省。

夜に到着したけれど…。なんだこの景色は…。

赤い月。黒い山の稜線。こっちを見ている…。

うゎ〜辺り一面の田んぼから靄が湧き上がっている…あぁ…手招きしてる…靄が手招きしてるぅ…

…おや?シカの鳴き声?…遠くで2度鳴いた…。

うぅ…吸い込まれる…。うぅ…引き込まれる…。

必死で頑張って何とか止まった。

と、なんとかその雰囲気を残したいと思い撮影してみたけれど…悲しいかな…全くその世界は写し撮れなかった…。

クキャ〜ン…(シカの鳴き声のつもり)